FC2ブログ

雪と菫青石

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

可愛い小鳥2

「隊長」
「なんだ」
「マニュアルの表紙にイラストって本当に必要でしたか」
「ルキアのデザインした月の輪熊の『一人で殺れるもん!』くんに何か文句があるのか」
「ああもう名前までついていましたか」
「そしてこれが---------『一人で殺れるもん!』くんのイラストを忠実に再現した戦闘用義骸だ」
「無駄に仕事早え!じゃなくて!何に使うんすか、こんなもん!」
「今度の演習で、虚役として戦闘に参加する」
「新人が泣くからやめてください」
「演習にもそれなりの緊張感が必要だ」
「確かに変な緊迫感出そうっすけどね。こいつ三人くらい殺ったことのある目をしてますよ」
「お前にはこれに入って新人を指導してもらいたい」
「無理っす」
「なぜだ」
「辞めますよ、せっかく入った新人が!貴重な人材が!!
 何が嬉しくって演習で熊に入った副隊長に脅されなきゃなんないんだって!
 最近の新人はメンタル弱いんだから、その辺考慮しましょうよ!」
「なにをいきり立っておるのだ、恋次。熊の義骸がなんだというのだ。
 私など、今度の演習では猫耳と猫尻尾をつけてにゃおーと脅かす役目なのだぞ!」
「俺今から十三番隊に移動願い出しても」
「それは許さぬ。ルキア---------何か用か」
「いえ、兄様。実は恋次に……」
「ああ、俺が呼び出したんです。昼一緒にどうかって。俺、昨日非番だったんで」
「貴様の非番とルキアの昼食になんの関係が」
「罠を仕掛けるのは久しぶりだったんですけど、これが思いのほか上手くいって」
「何の話だ」
「何って、焼き鳥っす。すず---------」
「ああっ!兄様!どちらへ行かれるのですか、兄様ーっ!」
「早いっ……見えなかった------また早くなった、隊長の瞬歩っ!!」

-------------
ワイルドな義妹と繊細な兄様その2ということで。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<帰るべき故里 | ホーム | 可愛い小鳥>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。