FC2ブログ

雪と菫青石

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

猛暑ですので

「まったく、現世はなんでこんなに暑いのだ」
「嫌なら帰れ。あと、毎回窓から入ってくるな」
「現世の夏はいつもこんなに暑いのか?」
「まあ東京は毎年だいたいこんなもんだろ。そっちはそうでもねえのか?」
「例年はな…今年は異常気象だ。あちらも猛暑で嫌になる」
「いいからもういい加減お前帰れ」
「なぜだ?見回り任務を真面目にこなした私をねぎらう気持ちはないのか?」
「うん、わかったわかった。大変でしたねえ…って!ベッドに寝るなー!」
「この部屋は冷房が効いてて良いな」
「冷房目当てか!わかった、あっちにはエアコンないんだろ!そうなんだな!」
「そうだなー。あると助かるよなー」
「恋次っ!だからお前ら窓から入ってくんなよっ!」
「なんだよ。虚駆除を真面目にこなした俺をねぎらう気持ちが」
「ねえよ。帰れ。あとベッドに寝るな」
「いいなーエアコン。持って帰りてえなー」
「恋次もそう思うか!」
「持って帰ったら殺すからな。いい加減にしろてめえら!白哉呼ぶぞ!」
「…気を抜き過ぎだ。恋次、ルキア」
「呼ばれる前に来た!」
「騒がしいぞ黒崎一護」
「…まあいいけどよ…頼むからこの二人、連れて帰ってくれよ」
「そう急くな」
「あ?」
「この部屋は冷房が効いていて良い」
「……お前もかーっ!!!」





-----------------------------------
(後書き)
季節外れの、こんな気の抜けたネタですみません。
もともとはこういう小ネタ職人でした。無性に書きたくなる。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

小ネタ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<春恋し | ホーム | 残花>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。